X10のバッテリー・・・解決編2012年03月07日 21時50分12秒

X10購入後、バッテリーの消耗が速いことを日記に書きました。
バッテリーはX10購入時に同梱されていたものと、1週間後に追加で購入したものと2個を使用しています。両方ともメーカー純正です。

X10-01


先日、X10のバッテリーを交換した時に、1週間前にフル充電したバッテリーの残量が0と表示されました・・・??
「1週間置いていただけで放電してしまうなんて、そんなことがあるのか?」
そういえば思い当たる節があります。
何度か数十カット程度しか撮っていないのに消耗してしまったケースがありました。
原因は「寒い(低温)中での撮影」とか「電源を入れたままのため」と思い込んでいました。

X10-02


試しに両方の電池に印をつけフル充電した後、放置したり撮影したりしてみました。
結果、消耗が速いのは特定の個体であることがわかりました。

そのことを富士フイルムのサービスに電話して説明しました。
「バッテリー2個と充電器を送って欲しい。」と言われましたが、たまたまレンズの修理でNikonD300が付き添い入院をしている上に、X10も使用できないとなると困るので、消耗の速い個体のみを送ることにしました。
同梱されていたものか追加で購入したものかは特定できないので、カメラの保証書のコピーと追加の購入記録を同封して送りました。

本日、富士フイルムから返送されてきました。
結果、不良品であり新品と交換でした。
輸入物の安売りバッテリーなら最初からこんなものだろうと思うのですが、純正品の不良品とは考えていませんでした。
サービスの対応はとても丁寧だったので不満はありませんが、もし、不良品でなければ台湾の高雄で肝心な時にバッテリー切れにならずに済んだと思うとそれだけが残念です。

X10-03