高山なおみさんのレシピ2014年02月14日 21時32分16秒

1990年から2003年にかけて、東京の吉祥寺に「諸国空想料理店KuuKuu」という店がありました。
1993年だったと記憶していますが、この店に行くために初めて吉祥寺という街に行きました。
まだネットが一般的でなかった時代、雑誌か口コミで知ったのだと思います。
そこのチーフシェフが高山なおみさんでした。
(KuuKuuに行く前からチーフシェフは高山さんと知っていましたから、どこかで知っていたのでしょう。)
南米やアジア諸国を旅した経験をもとに各国料理を高山流に「空想」して作...られた素敵な料理でした。
もっと行きたかったのですが、当時は東京に行くことは年に1、2回でなかなか再訪する機会がなく、また行こうと思っていましたら、2003年に惜しくも閉店となってしまいました。

高山さんは、その後はシェフではなく料理家として活躍されています。
写真左下の『諸国空想料理店』(2005年 ちくま文庫)は、高山さんの初のエッセイです。kuukuu時代のことや、世界を旅する旅人であった頃の話など、優しい言葉で綴っています。
もちろん、その本に登場する料理のレシピも掲載されています。
そのレシピも数字だけでなく、自身で書かれたイラストとエッセイ風解説のため、作らなくても空想料理として楽しめます。

その後もANAの機内誌の連載などで高山さんのエッセイ&レシピを楽しんでいました。
アジアの屋台料理も高山さんにかかれば、現地の味を再現し「そうそう、この味だったよな」と楽しむことができます。
そのため、私の作る料理のレパートリーのいくつかは高山レシピです。

高山なおみ

その高山さんの新作『料理』(2014年 リトルモア)です。
レシピ本とはわかっていながら買いました。
予想通り、その料理を作るキッカケになった旅の思い出などのエッセイもあり、とても文字の多いレシピ集です。
これなら家で簡単に作れるだろう!から、これは家で作るのは手間がかかりすぎる!というレシピまで多種多様です。
オムライスからハンバーグ、カレーなど昭和の匂いもします。
でも、どのレシピも高山さんの思いが優しい言葉で綴られています。
読みながら写真を見ているだけでも楽しい本です。

私は特別、料理を作るのが好きなわけでもなく、普段は気が向いた時にしか作りません。
その私が高山さんのレシピに惹かれるのは、彼女の料理が、私が旅先で食べた料理を思い出させてくれるからかもしれません。